« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

ゴールドラッシュ

久しぶりの築地。もう、早出しのとうもろこし「ゴールドラッシュ」が!

Photo

初物なので、シンプルに蒸して食べてみる。

皮が口に残らない柔らかな食感と、ジューシーな甘み。おいしいっ!!

鮮やかな黄色は、まさに「ゴールドラッシュ」。そして、これも宮崎産。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

販売地域限定

Photo 北海道みやげにいただいたじゃがポックル

販売地域限定は相変わらず花ざかり。

カルビーでは、打合せが長引くと、ポテトチップスが出てくるらしい…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホントに不景気?

昨日、急に友人から連絡があり、「明日、ランチしない?」とお誘いが…。

美味しいものが食べられるよう、めぼしい店の予約に奔走した。

「予約が取れない店」でも、前日ならキャンセルが出ているかもしれないし、上客用にキープしてある席を放すかもしれない。

まずは、ロオジエに電話。当然満席で、8番目ならキャンセル待ちに並べるとのこと。一応並んでみる。

午後、カンテサンスに電話。この店は予約専用回線に電話できる時間が決まっている。開始と同時に電話するが、(なつかしの)チケットぴあ状態…家電と携帯両方でかけまくって、つながったのは約1時間半後!!が、予約の分は全てリコンファーム済みなので、無理とのこと。

レストランFEUの下村シェフが独立した店なら…と思い、エディション・コージ・シモムラに電話。陸の孤島のような立地ながら、これも満席!!

だんだん煮詰まってきた。どうしようーと思いながら、クレアシヨン・ド・ナリサワに…「最後の1席が空いております」とウレシイ返事!

で、ナリサワに決定。

Photo

↑「4月の景色」ボリューミーな景色でした(笑)

苦労した甲斐あって、満足なランチだった。

料理やサービスはもちろん、素晴らしかったのはトイレ!(たぶん)1回使用するごとにチェックしているらしく(水周りが拭かれていた!)、非常に清潔に保たれている。手を洗うシンクの他に「お薬などを飲まれる方のために」と浄水のシンクがある。コットンや綿棒の他に、歯ブラシまで用意されている。もちろん、ゲストタオルも有り。国内はもちろんのこと、フランスの三ツ星レストランでも、ここまでのいたれりつくせりは見たことがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職業柄、ヤケドと切り傷は日常茶飯事。

ヤケドに効くと愛用しているのが、この薬。   よく効くが、効能が気になる…。Photo_4

「ヤケド」と「ぢ」は同じ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レーズンブレッド

美容院の帰り、何気なく立ち寄った白金台のTHE GARDEN のインストアベーカリー。

Photo レーズンのたっぷり感にそそられ、お買い上げー!

ラム酒がたっぷりと効いたレーズンが◎。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

枝幸の毛蟹

Photo

枝幸の毛蟹をいただいた。

「枝幸」といえば、ニセモノも出回るほどの高級ブランド

Photo_2

カニといえば、冬が旬のイメージだが、枝幸の毛蟹は4~6月頃が旬らしい。

オホーツク海には流氷が流れ込むため、冬の間、漁が操業不能になる。

流氷とともに流れてくる良質のプランクトンで食物連鎖された餌をたっぷりと食べ、低い水温の中、運動量が少なく脂肪をたっぷりと蓄える。

春になって流氷が去った今の毛蟹は、ミソも身もぎっしり詰まっているのだとか。

しかも脱皮前の4月の毛蟹は、期間限定の最高の美味しさ!

「毛蟹といえばミソを食べるもの」というイメージが180℃変わる。もちろん、ミソもよいが、本当に身がたっぷりとつまっていて感激。

蟹の味の濃さゆえ、何もつけないで、そのものの味を堪能。完食でしたっ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4月の大仕事。それは日々を茹でること!

Photo

教室の教材としても、もちろん使うが、プライベートでもいろいろと料理して楽しむ。

筍ごはん若竹煮土佐煮木の芽味噌和えなどの定番和食から、酢豚青椒肉絲春巻きなどの中華、組合せの妙でフランス料理にも合う。

他の旬の食材とバランスを考えながら、筍を食べ尽くすのに忙しい。

Photo_2 皮をむくと、美しい肌をした筍が!!

Photo_3 可食部は以外に少ない。

ある意味、エコな食べ物ではないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

翡翠のような

「翡翠のような…」

蚕豆に使う、美しい形容詞。

蚕豆の翡翠煮。

Photo_2 蚕豆といえば、初夏の食べ物。季語なら5月か。淡いみどり色は、まさにこの季節の色。夏の濃い緑とは違う趣。

10年前なら、筍が終わった頃、5月~6月が出回り時期だった。

今は2月頃から手に入る。

これも温暖化の影響?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バター

最近、「バターが不足している」というニュースが盛んに放送されたので、生徒さんから「バター、どうしていますか?」と聞かれることが多い。

Photo いつも使っているよつ葉の無塩バター

実はけっこう苦労して手に入れている。

不足し始めたのはつい最近のことではない。

去年の10月頃から、なんとなーく店に並べられている量が少なくなっていた。

10月の終わりには、いつも550円で買っていたものが580に。気づくと更に値上げして620円に!そのうち「お一人さま5個まで」になり、やがて「一家族3個まで」に。

クリスマス時期、小さなケーキ屋さんは確保に苦労したと聞いている。

1月に入ってからは、本当にみかけなくなった。

いつの間にか値段は680円→780円に!!!

原料が不足しているとのことなので仕方ないといえば仕方ないが、この値上がりの仕方は尋常ではない。おそらく、原料の不足がおさまっても、値下げは期待薄い??

そうはいっても、職業柄、料理にお菓子にとバターは欠かせない。

Photo_2

必要分は、しっかりストック!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜ嫌われモノ?

ほんのちょっと添えられているだけなのに、なぜか嫌われモノ…パクチー!!

Photo 香菜とも書く、アジアで広く食べられているハーブ。

フランス人も好きなようで…サラダに入っていたり、(フランス人が思うような)オリエンタル風な料理にも使われている。

嫌いな人に聞くと「カメムシの味がする」とか…?カメムシ食べたコトあるのかしら??

Photo_2 タイ料理ベトナム料理には欠かせない。

パクチーが入ると、味がしまる。

毒消しにも効果が…

暑い国の料理には、こういう配慮が欠かせない。

Photo_3 種になると、コリアンダーと呼ばれることが多い。

カレーなどには、なくてはならないスパイス

こうなると「嫌い」っていうヒトは少ないのに…

不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バカンス

注文したMICHELIN FRANCE 2008がやっと届いた。

2008 表紙に写真が入るデザインは、ちょっといただけない…かも。

それはさておき…

今年、三ツ星に昇格したのはマルセイユle Petit Nice1軒だけ。

Photo 話題の店だけに、さっそく予約!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

木の芽

木の芽の鉢植えを購入。

Photo_2  日本料理で「木の芽」といえば、山椒の木の芽。和のハーブです。

季節の筍の煮物や筍ごはんに散らしても…

木の芽味噌和えや木の芽焼きもいいし。

バターと合わせても意外と合うので、フレンチにも…

水やりを忘れないで、季節感を楽しもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊勢丹×三越

銀座三越デパチカに寄ってみると、見慣れないショップがいくつも…

伊勢丹と三越の合併で、今まで伊勢丹にしかなかったようなショップが、いくつも期間限定で出店しているとのこと。

デコレーション命のジョトォにしろ、堂島ロールモンシュシュにしろ、人気ショップかもしれないが、重厚感のある洋菓子ショップがなかったので、ウレシイ効果。

何か買いたくなってしまい、ついつい…

Photo

ジャンポール・エヴァンでチョコレート系ケーキを!

安定した美味しさと美しさ。

濃厚さとバランスの良さ。

こうでなくちゃ。

Photo_2 セバスチャン・ブイエではマカロン・アソートを…

生地のねっとり感はさすが!

挟んであるのはコンフィチュールが多いようだが、個人的にはガナッシュやバタークリームの方が好み。

Photo_3

パッケージが可愛い!

最近、モダンでシックなパッケージのショップが多いので、かえって新鮮。

あー、食べた分は、ダイエットしなきゃねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いかりスーパーマーケット

関西版紀ノ伊国屋、いかりスーパーマーケットができたので、行ってみる。

Photo ふ~ん。まぁ…ねー。

まぁ、がんばって下さいってとこかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねんきん特別便2

年金加入記録もれの訂正に、社会保険事務所に行って来た。

タイミングが良かったのか、以外に待たず、スムーズに。

漏れていた記録も簡単にみつかり、手続きへ…。

この訂正は「ねんきん特別便」に同封されていたハガキでもできる。が、あえて社会保険事務所に足を運んだ理由…

「ハガキが届いていない」

「記録の訂正にミス」

などのトラブルを防ぐため、きちんと訂正できたかを目の前で自分で確認したかったから。

ところが!!!!!!!!

目の前では訂正してくれない。

訂正の書類を出すものの、受付の控えをくれない。

訂正の確認は、55歳になったら送られてくる書類ではじめて確認できる。

という。

はぁ~???という感じ。

既にミスのおかげでこうして時間を割いて足を運んでいるのに、目の前で訂正されないかぎり、信用できないでしょ。

暫くごねたら、受付の証明として書類のコピーに受付印を押して渡すので、何かトラブルがあったらコレが証明になるという。

Photo

できるなら、はじめからこうすればいいのに…

受付の証明はできたが、訂正の確認は、数年たったら社会保険事務所の窓口で確認するように言われた。

すでに受給が始まっている人から訂正の入力を始めるため、私の訂正の順番が回ってくるまでには1年以上かかるとのこと。

ちゃんと訂正してよー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »