« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

キャンセル

夜中に電話が鳴る。

何事かと思ったら…

いよいよ来月にせまった夏のバカンス。予約してあるフランスのレストランからの電話だった。

しかも!

な…なんと、レストランがキャンセルしたいという!!

え~っつ。そんなのあり~!?聞いたことない。

夏場の営業開始を、例年より遅くすることにしたのだとか…

このレストラン、ミシュラン2つ星のレストラン。http://www.floconsdesel.com/fr/index.php

推測するに、景気がこんなだし予約が少ない(もしかしたらこの日の予約は私たちだけだったのかも)ので、営業開始を延ばしたのでは?

この町はこのレストランに行くために泊まることにしていたのに…予定を修正しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤングコーン

馴染みの八百屋で、珍しいフレッシュのヤングコーンをみつけた。

かわったものをみつけると、ついつい買いたくなってしまうのだが、

こういうものは買う可能性のある人が決まっているので、店に行くと八百屋のオジサンに熱い視線を注がれてしまう。

「やわらかくてウマイよ!まとめて買ってよ!!」

無理な注文をお願いすることもあるので、結局もちつもたれず…買ってしまうことに…

1

本当に小さいっ!

茹ですぎないように注意して…

2

うまみが逃げないよう、茹でてから皮をむく。

なんとも愛らしい粒々。

やはり、フレッシュはおいしい。

オジサン、押し売りありがとう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安全は?

とある経済研究所の調査によると

最近の消費者が、食に求めるもの…

それは「安いこと」だそうだ。

安全はどこに行ってしまったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーボンフットプリント

カーボンフットプリント。

聞きなれない言葉だが、これから注目されてくるであろうキーワード。

簡単にいうと、CO2の足跡を表記しようというもの。

フードマイレージが「食料が生産者から消費者に届くまでに、どのくらいの距離を運ばれてきたか」を表すのに対し、カーボンフットプリントさらにもう1歩ふみこんで「生産、包装、輸送などにかかるCO2を表記しよう」というもの。

これによって、段ボールが減るかもしれないという話がある。

例えばこんな感じ。

1_2

段ボールはそれを作るのにCO2が多く出る。

2

意外にもプラスチックのフィルムの方がCO2が少ないので、こうなっていくかも?

カロリー表記を見て商品を選ぶように、カーボンフットプリントを見て商品を選ぶ時代はもうそこまで来ている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実山椒の季節

5月も半ばになると、実山椒が出てくる。

コレが出てくると、買わずにはいられない。

Photo

まず作るのは、お約束の!

1

じゃこと煮る。

あったかいごはんにのせれば、止まらない!!

あとは…

鰯と煮たり、鶏と蒸したり。

初夏のお楽しみ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日夫人6月号

毎日新聞をご購読のみなさま。

そろそろ6月号が配布になります。6

掲載はP.18~19です。

ぜひご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タミフル

アニス…またの名を八角。

フランス人は、けっこう好きな香りのようで、「エキゾティーク」なイメージで料理にもデザートやお菓子にも使う。

八角といえば、豚の角煮に代表されるように、中華の香辛料としての印象が強い。

どちらにしても、日本人的には、あまり好みではない香り…

Photo

世間を騒がせている新型インフルエンザ。

その治療薬として注目のタミフルは、なんとこのアニスが主原料とのこと。

アニスは中国とベトナムのごく限られた地域でしか栽培されないそうで、タミフル製造のために製薬会社が買い占め、価格が急激に上昇しているらしい。

豚発のインフルエンザに、豚に使う香辛料が効くとは、なんとも面白い話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サヴァラン

遊びにきた友人の手土産、サヴァランのモダンスタイル。

Photo

このスタイルのサヴァラン、軽くて甘さも控えめ。のせてあるクリームは、クレーム・シャンティイではなく、クレーム・ババロワーズ。下の生地にアンビバージュしてあるシロップはフルーツのアルコールなしシロップ。スポイトの中がラム酒ばっちりのシロップで、お好みのシロップ加減に調整していただくという仕組み。

きつーい洋酒をたっぷり染み込ませて、あっまーいイメージのサヴァランはもはや絶滅?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GW天ぷら大会

4月30日。5月の準備のために築地へ。

いつもの喫茶店にいつものメンバーに会いに行く。

「GWさー、ヒマなら天ぷら大会しない?」

と仲買いのアノ方に誘われる。

「いいけど、河岸は休みじゃない。ネタ揃うの??」

「5月4日はやってるよ。うまく日を合わせてどぉ?」

…ということで、5月5日はGW天ぷら大会。

いつもの通り、豪華食材を揃えていただき、一同大満足!

「ところで…何で5月4日は河岸の営業日なの?」

「市場法でさー、3日を越えて続けて休んじゃいけないって決まってるんだよ。

世の中の食材が品薄になると、混乱が起きるでしょ!

いつ休むかは、東京都の職員の都合で決めてるんだろうけど(笑)」(※築地は東京都の管轄です)

なるほどねー!これも、世の中の仕組みってわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポン酢

5月の美味しいものの代表…初鰹。

鰹のシーズンになると、やたらとポン酢のCMを見る気がする。

(鍋の時期もやってると思うけど)

ポン酢のポンは柑橘類を指すが、橙を使うのが正統派なのだとか…

今や、ポン酢といえばビンに入ったアレを思い出すが、昔はどこの家でも手作りしていたはず。

築地の仲買いさんから、築地の商売人だけに出回る、スゴイポン酢があるという話を聞いたことがある。

橙は、その実をたくさん収穫するためにつぎ木をするのだとか。

ところが、元の木の実とつぎ木したものの実では味が違うそう。

で、「元の木の実だけを集めたポン酢」というのが存在し、築地の商売人の間だけで出回るらしい。しかも、割り当てがあるので、余分には買えないとのこと。

一度だけ…そのポン酢と対面したことがある。

一升瓶の(おそらく)あきビンに入れられ、新聞紙にくるまっていた。いかにも少量生産手作りといいった風情。

いただいてみると…ほんのり甘い。みかんのような甘さ…

聞けば、市販のポン酢は、高級品といえども柑橘類だけでなく酢もプラスしているという。

柑橘類は収穫の時期によって甘みにバラツキがあるため、酢っぱめに調整して味を統一しているそう。

元の木に、木で熟すまでなっていた橙は、当然甘いわけだ。

ポン酢…あなどれない奥の深さ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5月

今日から5月。

5月は紫のものがたくさん。

あやめ、藤、矢羽…

4月の桜色より、力強いイメージ。

そうそう、先日、こんな野菜を食べました。

Photo

紫カリフラワー!

青色3号と赤色1号を混ぜた水を吸わせたみたいな色?!(笑)

オレンジや紫のブロッコリーは茹でると緑になってしまうけれども、このカリフラワーは茹でた状態でこの色です。

なんとも不思議。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »