« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

季節感

今日は築地に買出し。

Sn370186

貴重な国産のじゅんさいです。

お高いけど、今の季節感をたのしむには最もふさわしい食材。

Sn370184

そして…

もう、松茸!

と、思いきや、その隣には、今が出盛りの梅。

この並び、築地ならではというか、不思議な季節感です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイズ感

素敵な着こなしにサイズ感が欠かせないように、料理にもサイズ感は大切。

材料を入れて混ぜるボール。小さいと混ぜにくくてこぼしちゃうし、大きすぎると広がってうまく和えられない。

煮物をする鍋。じっくり煮たいものを大きすぎる鍋ですると、水分の蒸発が早くて焦がしちょうかも。煮詰めたいものを深い鍋ですると、なかなか水分が蒸発しなくて材料が煮崩れてしまうかも。

材料の大きさ。大きさを揃えることってけっこう大切。火の通りが均一になります。

また、お箸で口に運びやすいのは1寸、約3cm。日本料理のレシピには「3cm長さに」がたくさん出てくる。

フォークで食べるものは5~6㎝が口に運びやすい。短いとフォークで刺しにくいし、長ければナイフで切ることができる。

サイズって、意外と重要でしょ。これがパッ、パッとわかると、料理の上達が早いです。

ぜひ、気にしてみて!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

切れる包丁

「ドコのブランドの包丁がよく切れますか?」と聞かれることがある。

「ある程度の質は必要だと思うけど、研がなければ切れなくなるわよ。自分で研いでもいいけど、研ぎに出せば?」と答えることにしている。

料理に限らずどんな道具でも、メンテナンスは大切。

私は職業柄、何本も包丁を持っている。

緊急避難的に自分で研ぐこともあるけれど、常にどれかは旅に出ている。

可愛いコには旅をさせなきゃ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラスに!!

いなり寿司を作ろうと、油揚げを買った。

一緒に、オクラとトマトも買った。

透明のレジ袋に入ったそれらを、自転車のかごに入れたまま、別の店に入った。

いつものことである。

店のレジで会計をしていると…

知らないおばあさんが「あなたのアゲが!アゲが、アゲが!!!」と騒いでいる。

何を言っているんだろう?私に言っている??アゲ???

!!もしかして…?!

急いで外に出てみると、袋から油揚げだけが抜き取られ、袋がやぶかれて中身がかじられている。

そう、やられたのは油揚げだけ!

カラスは野菜より油揚げのほうが美味しいことを知っているらしい。

「アナタが自転車を離れたときから、カラスが見ていたわよ」とおばあさん。

「狙ってたのよ。ゼッタイ。」

ずっと見ていたなら、追い払ってくれればよかったのに…。

いなり寿司を作る予定なので、油揚げがないわけにはいかない。

仕方なく、再び油揚げを買いに…。

「とんびに油揚げをさらわれた」ならぬ、「カラスに油揚げをさらわれた」!!

ちなみに「大切にしているものを横取りされてあっけにとられる」という意味デス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふつうの家のごはん

つい最近、会社をやめた友人が遊びに来た。

「ふつうの家のごはん食べさせて」という理由で。

聞けば、会社をやめるにあたって、送別会、お疲れ様会、これを機に久しぶりに会おう…などなど。

連日、外食ばかり。

「私、会社やめてから、飲みに行くために生きてる…!」(笑)

そんな彼女に、ねぎらいの晩ごはんを。

Kamata

ミニトマトの酢浸し。

実もののお浸しは、夏場によく作ります。

Photo_2

おから。

家庭料理の定番でしょ。

Photo_3

サツマイモの蜜煮。

女子はオイモが大好き!!

Photo_4

焼き茄子とモロッコいんげん、仙台麩の煮物。

焼き茄子の香ばしいかおりが、なんともいえません。

Photo_5

小鯵の南蛮漬け。

彼女に盛り付けをお願いしたら、鯉のぼりみたいに並べてくれました!(笑)

Photo_6

オクラと茗荷の豚肉巻き。

夏を感じさせる組み合わせです。

Photo_7

デザートは彼女の手土産で、とあるケーキ屋と白鶴のコラボのブランマンジェ。

「ふつうの家のごはんってリクエストしたけど、たくさん用意してくれてありがとう!」

「まぁ、ある意味、ここではいわゆる『ふつう』の家のごはんはしないけどね。」

「確かに。ところで、この枡とっておいてね!たびたび飲みにくるから。ヒマだし!!」だって(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピザVS!

サッカー ワールドカップ。

今日は家ごはんでTV観戦の人が大半でしょう。

そんな日はピザの宅配が大忙し!

…ピザとるのもなんだし、

ウチはピザに対抗してラザニア!!

Photo

もちろん、生地もソースも手作りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コロッケ

友人からじゃがいもをたくさん貰った。

コロッケをつくろうかな!

じゃがいもは丸ごと茹でると香りも味も失われにくい。

ナツメグを、うんと効かせるのが私流。

プジョーのナツメグ挽きが大活躍!

Photo

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

コロッケはそもそもフランス料理 croquette。

上品に作る「フランス料理」のコロッケは、じゃがいもを潰すのではなく裏漉して作る。

以前、後輩のTクンが来たときにじゃがいもを裏漉して作ったコロッケを出したことがあった。

「このコロッケ、何でこんなに口当たりがなめらかなの?」自称グルメのTクン、質問が鋭い。

「じゃがいもを裏漉してつくるの。」

「へー。今度、家でもお袋に同じように作ってもらおう!」

「…お母さんならしてくれるかもしれないけど、そんな面倒なこと、彼女に求めてたら結婚できないわよ!」

そんな彼も、去年結婚した。しかも、ずいぶん若い彼女と。

彼は、奥様にじゃがいもを裏漉したコロッケを作ってもらっているのか?

コロッケを作るたびに、思い出して気になる(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニオイ対策

関東も梅雨に入りました。

部屋干しの洗濯物がにおうって嫌ですね。

それに、絶大な効果があるものが…

なんと、キッチンにあり!

Photo

食品の保存や道具の衛生に使うアルコールスプレーです。

これを噴くと、見事に臭わない。

口に入れても大丈夫な酒精なので安心です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カフェブーン

近所のパン屋で「カフェブーン」をお試しに買ってみた。

Photo

韓国で流行しているパンだそうで、韓国留学帰りのスタッフの考案だとか。

ブリオッシュ生地にコーヒー風味のクッキー生地がかかっている。中には塩味のバタークリームが…。

すごく不思議な感じ。

ところで、本当に韓国で流行っているの??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

S&Bカレー粉赤缶

S&Bの超定番商品、カレー粉赤缶。

いつもお世話になっています。

Photo_2

今年は発売60周年とのこと。

創業当時のブレンドが、今も脈々と受け継がれています。

その配合は、トップシークレットなのだそう。

この缶、よーく見ると、国会議事堂に似た建物が描かれています。

創業当時、創業者が国会議事堂に模した工場を板橋に建てたのだとか…。それがこのレトロなデザインの缶に!

そんなS&Bで講習会の講師をしています。

「スタイリッシュレシピ」講座の担当です!

http://www.sbfoods.co.jp/sunsc/school/cooking/cookingstylish.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モロッコいんげん

Photo

今、いちばんお気に入りの野菜、モロッコいんげんです。

「モロッコ」とつくけど、モロッコが原産というわけではないらしい??

一般に見かけるようなったのは、ここ5~6年でしょうか。

Photo_3

本日は、モロッコいんげんを自家製香味オイルでマリネしてサラダに!

野菜の食感を大切にする私ですが、モロッコいんげんはクタッとなるくらい火を通したほうが美味しい!!

モロッコいんげんとは関係ないけど、世の中ではモロッコネイルなるものも流行っていますね。

注目のワード「モロッコ」です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉が食べられない

今日はPCの問題を解決にきてくれたIさんとお食事。

Iさんは「肉が食べられない」とのこと、

お野菜中心のヘルシーなメニューに!

Photo

モロッコいんげんの炒り煮。

最近、お気に入りの野菜、モロッコいんげん。

ピリッとパンチの効いた味付けで食欲をそそります。

Photo_3

高野豆腐。

じゅわっと味の染みた高野豆腐、こんなしみじみとした美味しさは和食ならでは。

Photo_4

蚕豆の翡翠煮。

艶やかなお豆さんに、ついつい箸がのびます!

「なんか、豆ばっかりじゃない??」

「いいの!今、豌豆系は旬よ!!

春に花が咲いて初夏に鞘の中に実が生る!蚕豆、絹さや、グリーンピース、スナップえんどう…

豌豆系が終わると、トマト、茄子、胡瓜みたいな実もの!自然はうまくできてるんだから!!」

Photo_5

ミニトマトのお浸し。

トマトは湯むきすると、だしを含んでくれます。

さっと火の入った美味しさは、ナマとはまた別モノ。

Photo_6

Iさん、話の感じから食べ物保守系?と思い、メインは鯵フライ。

味がわかっている安心感という美味しさもあります。

私は生野菜ってあまり食べないので、キャベツの千切りは、実は新鮮な付け合せ。

Photo_7

フライにはお味噌汁がよく合う(笑)!

ちりめん山椒も自家製です。

「山椒は小粒でピリリと辛い!」まるで私のこと(笑)!!

Photo_8

お食事の締めくくりは、ハシリの小玉西瓜。

西瓜って中心が一番甘いので、ココを最後にとっておくのが私の好きな食べ方デス。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

新しくなったPC、まだ使い方が慣れず、使うのが結構ツライ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日夫人7月号

毎日新聞を定期購読のみなさま

そろそろ毎日夫人7月号が配布になります。

掲載はP18~P19です。

ぜひ、ご覧くださいませ。

Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンブランの旬

Montblancshiboriu

モンブラン作ってよ。ひろみちゃんのモンブラン、美味しいから食べたい!」

友人からリクエストがあった。

人が集まるので、何か作らなくては…と思っていたのだが、忙しくてアレコレ考えているヒマがない。材料を買いに行くのも…だったので、その提案を受け入れた。

…が、私にとってモンブランは秋のお菓子なので、通常、季節以外は作らない。

昔は、モンブランは秋になると出てくるお菓子だったんだけどな…「冷やし中華はじめました」的に!

○ジェリーナみたいに、モンブランが売りのお店は別として、一年中モンブランが売られるようになったのはここ7、8年のこと??

まぁ、みんなが大好きな味だし、目を引くビジュアルなので、当然といえば当然なのかもしれないけど…

…でも、暑い季節にモンブラン食べてたい??と思う。

春はベリー系を中心としたフルーツのさわやかなお菓子、夏はさっぱりジュレやトロピカルフルーツのお菓子、秋は栗や林檎の少しコクのあるお菓子、冬はチョコレート系の濃厚なお菓子…こんなイメージ。

季節の雰囲気や温度湿度によって、食べたいものって変わってくると思うんだけど。

一年中なんでも食べられる幸せもあるけど、季節を楽しみましょうよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

農協の直売所

ご近所さんに教わって、農協の野菜直売所におでかけ。

9:30スタートと聞いていたので、ちょっと過ぎくらいに着くように出たのだが…。

私が着いたのが9:37。

すでに、スゴイ人、ヒト、ひと…!

サザエさんに出てくる「バーゲン」状態(笑)

びっくりしている間に、みるみる野菜が売れていく!

新鮮さゆえになのか…?

この雰囲気がそうさせるのか…??

忍耐とエネルギーのいるお買い物でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dancyu 絶品おつまみ365

Image

dancyu 絶品おつまみ365が発売になりました。

著名な先生方に混じって、私もレシピを紹介しています。

掲載はP30とP131です。

ぜひ、ご覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »