« 2010夏の旅行⑭ La Côte Saint Jacques | トップページ | 2010夏の旅行⑯ MIYOU »

2010夏の旅行⑮ Le Bristol

当初の予定では、最後にパリに1泊する予定だった。

なので、飛行機は19:25パリ発を予約した。

私たちの旅行の計画は、かなり早くから練られる。飛行機は去年のうちに取っていた。

行きたいレストランのや定休日や予約状況など…日程を積み上げていくと、今年はパリを始めに持ってくるのが一番しっくりする。

が、最後に宿泊するLa Côte Saint Jacques は2度目の訪問だし、その町を再び観光するのはイマイチ…

飛行機は夜なので、早くパリに戻ってきても荷物があるのでショッピングというわけにはいかない。

どうしよう?

そこで思いついたのが、昼ごろパリにもどって、豪華ランチ!

どうせ、飛行機で出てくる食事はたかがしれている。だったら!!

La Côte Saint Jacques の素敵であろう朝食をがまんして(笑)昼ごろパリにつくように電車に乗った。

そして、予約したのが去年三ツ星を獲得したLe Bristol

http://www.lebristolparis.com/#/restaurant-gastronomique

パリにいくつかある「パラス(宮殿)」と呼ばれるホテルのひとつ、HOEL Bristolのメインダイニング。荘厳な雰囲気は、さすがパラス!圧倒される。

Photo

メニューにグルヌイユ(カエル)が!

グルヌイユやエスカルゴは非常にフランス料理的な食材だと思うが、最近はこれをメニューにのせている店をあまりみかけない。

しかも「タンドリー風」??興味深々で迷わずコレをチョイス!!

グルヌイユの処理の仕方はさすが三つ星!!そして、カエルはよく「鶏肉のような味」に例えられるが、なるほど、「タンドリーチキン風」グルヌイユ、よく合う!!

そして、ただのタンドリー風ではなく(あたりまえ!)コリアンダーの風味が強く出ていて、とてもさわやか!!

他の料理もサービスも、もちろん、旅行をしめくくるに相応しいものだった。

プチフールの後にヌガーやキャラメル、ギモーヴなどのコンフィズリーまで出てくるあたりは、さすがパラス!!感激の揃えだ。

「今日のメニューが欲しいのだけれども…」と伝えたら、持ち帰り用に小さく作られたメニューと(こんなものまで用意されている!)コンフィズリーを小さな箱に詰め合わせたものを持ってきてくれた。

Photo_3

ちょっとしたことだが、こういう心配りがにくい!!

夕方までLe Bristolを堪能し、さあ、空港へ!

|

« 2010夏の旅行⑭ La Côte Saint Jacques | トップページ | 2010夏の旅行⑯ MIYOU »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/463208/36003211

この記事へのトラックバック一覧です: 2010夏の旅行⑮ Le Bristol:

« 2010夏の旅行⑭ La Côte Saint Jacques | トップページ | 2010夏の旅行⑯ MIYOU »