« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

プチ☆お祝い

本日は、プチ☆お祝い!

とっておきの日には…

Photo

やっぱりコレ!本日のおともはLOUIS ROEDERER。

Photo_2

お花をいただいちゃいました!とってもウレシイ!!

お気に入りのピエール・エルメは4個も買ってしまった。

ちょっと食べすぎ!

でも、今日は特別だから、OK(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロテインフード

プロテインフードなるものを体験!

Sn370182_2

これだけで455キロカロリーとのこと。

思ったより悪くないけど、ストレスがたまる!

タンパク質を効果的に摂るための食事なので仕方ないかもしれないが、野菜が少ないわー。

卵白だけのオムレツ、大豆蛋白のテリーヌ…噂には聞いていたけど、不思議な感じ。

ここでも改めて実感。

「普通」って大切!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シラタキ

「結んであるシラタキないの?」

とお店で聞いている人がいた。

「あー、スミマセン。まだ入荷していないんです。そろそろだとは思うんですが…」

この人はきっとおでんか鍋物をしたかったんでしょう。

今日は涼しいを通り越して、ちょっと寒いくらい!

そんなものが食べたい気分デスね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急に涼しくなって…

急に涼しくなって…

着るもの困っちゃう。

食べるものは…

あったかいものが食べたい!

というわけで、煮込み料理を作っちゃいました。

Photo

といっても、前菜も必要ね!

コレは秋刀魚のマリネ。クールブイヨンにお刺身用の鮮度のよい秋刀魚を漬け込んだもの。

シメ鯖のフレンチ版といったところかしら??

よくある付け合せは茹でたじゃがいもだけど、それじゃ重いのでサラダ仕立てに。

Photo

骨つき仔羊スネ肉の煮込み プロヴァンス風

骨付きのゴツイ感じが「はじめ人間 ギャートルズ風」??

でも、決して骨を握ってかじりついたりはしません!!(笑)

フォークで触ると、ホロリと肉が骨から離れる柔らかさ!

骨付きのお肉の美味しさは格別です!!

Photo_2

今日はフンパツしてメゾンカイザーのトゥルトを用意しちゃいました!

そういえば…

先日、某レストランにランチに行ったときのこと。

ここで提供されているのも、メゾンカイザーのトゥルト。

そして、お隣の席には岸田今日子さんが…

お店の人とのやりとりから、どうやらご常連の様子。

「ここで食べるパンは美味しいのに、同じパンを家の近くで買うとぜんぜん…。どうしてかしら?」

「直営店とフランチャイズ店では焼いているところが違うんですよ。ウチは、毎日、直営店から届けてもらっていますから!」

へー。私たちも勉強しちゃいました!

というわけで、当然、直営店で買ってきました(笑)

ほどよい酸味と生地の密な感じが、料理とよく合います!

涼しくなってくると、こういう濃いパンが欲しくなりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中秋の名月

今日は中秋の名月。
が、本日も真夏日。
とてもお月見という雰囲気ではありません(笑)
和菓子屋さんでは、お月見のお菓子よりも、水羊羮の方が人気なんだとか?
明後日から気温が急に下がるという予報だが、ホント、そろそろ、この暑さ終わりにしてほしいー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花粉症対策

この暑い夏のおかげで、次のシーズンのスギ花粉の量は半端ではないという。

そこで、早めの花粉症対策!

3年に一度、レーザーで鼻の中を焼いている。花粉症のシーズンになってからはできないので、シーズン前に、月イチで3回。

今年はその年。

スギ花粉なんて、まだまだ先のコト?

いえいえ、12月は自分の仕事が忙しいことを考えると、11月までに月イチ3回の手術を終わりにしたい。

となると、逆算して9月にはとりかからなければ…なのです。

初めてこの手術を受けるとき、「匂いがわからなくなったら、味も感じにくくなってしまうし…大丈夫かしら?」と心配したものです。

が、そんな心配は、全然不要でした!重症の私がほぼ薬いらず。

料理教室のとき、鼻がズルズルしているのは生徒さんも不快。それからも開放されて!!

人生の半分以上花粉症のワタシ。もっと早くすればよかった!!

「レーザーで焼くなんて、痛くないの?」とよく聞かれるけど、当然、麻酔してますから!

痛いのは、この麻酔をするとき。

10×20㎝ほどのガーゼに麻酔薬が染み込ませてあり、これを鼻に入れる。片方の鼻に4枚!!も。これがツライ。

よくこんなに鼻にモノが入るかと感心してしまう。

麻酔が効くまで15分我慢。

ガーゼを取り出したら、変なメガネをかけて、レーザーで焼かれる…

チリッ、チリッと線香花火のような音と焦げるニオイ。

5分ほどこれに耐えて開放される。

嫌で嫌で、行くまではストレスなんだけど、この一時を我慢すれば、花粉症のシーズンの快適さに変わる…

何事も、計画的にね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シュワルツェネッガー×新幹線

シュワルツェネッガー カリフォルニア州知事が日本の新幹線視察のために来日したことがニュースになっている。
「日本の新幹線は素晴らしい」とあたりさわりのないコメント。
だけど、きっと水面下では「新幹線を導入する代わりに、オレンジを買ってほしい」などの政治的な交渉が行われているのでしょう??
カリフォルニア産のオレンジに替わって、南ア産の超安いオレンジが台頭。
シュワちゃん、オレンジ、頑張って売らなきゃ!?
南ア産のオレンジ、食べてみたけど、カリフォルニア産に勝てるのは価格だけ。
みずみずしさはあるものの、甘みや香りなど、まだまだ改善の余地あり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

松茸狩りツアー

最近の韓国ツアーの中で、空前のヒット「松茸狩りツアー」というのがあるそう。

韓流もやや下火、次に旅行会社が目をつけたのが松茸というわけだ。

松茸狩りを体験し、松茸づくしの料理を食べる。

検疫の問題があるので持ち帰りはできないのかもしれないが…

韓国産の松茸は築地でも国産に次ぐ高値。もちろん、質もいい。

このツアー、興味深い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べやすい料理

最近、グルメリポーターの言葉で気になる

「食べやすーい!」

という表現。

「食べやすい」イコール「美味しい」なのか??

「柔らかく煮込んであるので、歯の悪いお年寄りにも食べやすい」

「苦味を和らげてあるので、子どもでも食べやすい」

こういった表現なら、日本語として正しいと思うのだが…

彼ら(彼女ら)の使う「食べやすい」は、会話の前後から想像するに、「知っている味に近い」という表現に置き換えることができそう。

確かに、人間、食べ慣れた味を「美味しい」と感じるのは間違いではないが…。

何でも「甘い」と連発するのも次元が低いと思うが、「食べやすい」以外のもっと表現豊かな美しい日本語を使ってほしいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

銀座三越

新館オープン早々、銀座三越に行ってきました!

とにかくスゴイ人!!!

そんな中、デパチカを中心にチェック。

…といっても、朝の通勤ラッシュ並みの混雑だったのでざっとですが。

銀座でお気に入りのピエール・エルメが買えるようになったのは、私的にはトピックス。

伊勢丹パワーのおかげか、プラリュも出店。プラリュの看板スイーツの(名前がわからない)ピンクのプラリネがついたブリオッシュもありました。ロアンヌの本店では「3人で1個」で十分なくらい大きいのですが、日本版はお上品サイズ(笑)

中勢以のような熟成肉のお店が入っていたのは面白い。

が、魚は…。

いろいろなお店のお弁当がセレクトショップ的に売られているのは、選びやすいかも。

12階のBeurre Noisetteも、もちろんチェック。

料理はパリとほぼ同じ構成。価格帯もほぼも同じなのは優秀。でも、食事してみるのはもう少し先かな。おそらく、オープンしたてはオペレーションがバタバタしているでしょうから、それが落ち着いたころに。

いずれにしても、平日にまた見にいかなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日夫人10月号

毎日新聞を定期購読のみなさま

そろそろ毎日夫人10月号がお手元に届くころです。

掲載はP20~21です。

ぜひ、ご覧下さいませ。

Photo_3

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ウォーリーを探せ?!

豆鯵を買ってきて、南蛮漬けを作ろうと思ったら…

Photo_2

烏賊がまぎれていた。

「ウォーリーを探せ?!」(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dancyu つくりおき&使いまわし 絶品おかず356

9月6日発売の

「dancyu つくりおき&使いまわし 絶品おかず356」

でP119とP120のレシピを担当しています。

ぜひ、ご覧くださいませ。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物々交換?

築地のアノ方に頼まれていた「小麦ふすまのクッキー」を渡した。

「お礼に」

といただいたのは…

巨大なタラバガニの脚!!

Taraba

(携帯電話との比較で、その大きさが…!!)

「お礼なんていいのに…」と言ったのだが、物々交換になってしまった。

あまりにも大きいので、友人を呼んで食事をすることに。

「普通の家のごはん」が食べたい友人のために、ほかに家庭料理も用意(笑)。

Photo

夏野菜の煮浸し↑

Photo_2

卯の花↑

Photo_4

肉味噌のレタス包み↑

「タラバといえば焼き蟹だけど、どうやって食べる?」

「アノ方がくれたカニなんだから、まずはそのまま食べてみるべきじゃない??」

ということで、殻を割って身を取り出す。

Photo_5

ゴソっとはずれた身は、まるでフランクフルトを思わせる大きさ!!(笑)

「カニの通販は、一番トラブルが多いんだ。

だから、カニは信用のおける店から買わなきゃいけない。

オレが築地のカニ専門店に頼んでも、たまにハズレがある。

だから人に頼まれたときには、人数分より1ハイ多く買ってくれと言うんだ」

とアノ方が言っていたのを思い出した。

さすがアノ方がくれたカニ、「ハズレ」なんてことはない!!

カニを食べ始めたが、あまりの量に「飽きちゃうね」と…(なんと贅沢な!)

すると、「蟹玉にしたらいいかも」と一人が言い出だした。

…ということで、急遽、蟹玉を作ることに。

Photo_6

適当にカニを食べて、その残りを蟹玉にしようというのに…卵6個に対してカニのこの量!!

はっきり言って馬鹿??

Photo_7

卵焼きにカニが入るというより、カニを卵でつないでいる状況。

Photo_8

厚みのほとんどがカニ!この馬鹿馬鹿しい状況が写真では伝わりにくい!!

「卵が少なすぎて…というか、カニが多すぎて、やっぱり飽きちゃうね」

「ビスクは甲殻類の殻から作るスープだから、実はカニの殻でもできるんだけど…

そのことはアノ方には内緒にしとかなきゃね(笑)」

ふすまクッキー、ちゃんと食べてるのかしら??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新学期

今日から9月。

子供たちが新学期を迎える…というご家庭も多いはず。

友人も「やっと、きょうから通常営業(笑)」といっていました。

公立の小学校、中学校だとエアコンがない学校も多いはず。

給食の学校はいいが、

お弁当の学校は、傷まないものを持たせて…

とママ泣かせでしょう。

どうか、食中毒などの事故が起きませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »