« 賞味期限の見直し | トップページ | 毎日夫人12月号 »

天ぷら…なんだけど。

「久しぶりに天ぷら食べようよ!」

と築地のアノ方から連絡があった。

食べようよ…じゃなくて「天ぷら、揚げてくれ」でしょうが!

と思いつつも、夏の暑い間は天ぷら大会をしなかったので、久しぶりにコレもいいかと…

「やりましょう。!」

ということで、厳選メンバーで!!

「あと5分で着くからさー、荷物取りに出てきてよ」

とアノ方から連絡が入る。

車から降りてきたアノ方が抱えていたのは、河豚の薄作りのお皿。

「…今日は、天ぷらじゃなかったんですか??」

「まーいいじゃん。箸休めにオレからのプレゼント!!」

「箸休め…って、これじゃ、最初から箸休まないでしょ!」

…というわけで、本日のメニュー!

Photo

もちろん、最初は河豚の薄作り。

「これは下関スタイルの薄作りなんだ」

「何??下関スタイルって??」

「河豚の皮は3枚あるらしいいんだけど、これは身に近い1枚を残して作ってあるんだ」

「へー。初めて知った!!」

「皮の食感の分、河豚の味がしっかりと味わえる気がする!!」

Photo_2

紫ほうれん草のお浸し

「油があったまるまで、つまんで飲んでてね」

と、今度こそホントの箸休め(笑)

Photo_3

ぎんなん&むかごの素揚げ

「きゃー、素敵!!」

わかるヒトには嬉しい、秋らしいつまみデス。

Photo_4

根菜マリネ

お口をさっぱりとさせるものも必要です。

Photo_5

さて、本題の天ぷらへ。

まずは王道の車海老。

「毎度のコトだけど、素人が揚げるので、曲がっちゃってごめんなさいね」

「天然の車海老だからさ、大きさ揃えてもらうと高くつくので何でもいいからって揃えてもらったから、大きさいろいろだよ。天ぷらにするサイズよりは二周りくらい大きいかな」

「いつものことながら、味の濃い車海老!!」

Photo_6

続いてキス。

Photo_7

白烏賊

Photo_8

鱈の白子

「先生は白子苦手だから、数に入ってないよ」

「モチロンです。私は次のを揚げてますから」

「え~!白子ダメなのぉ?」

「白子はさー、薬をぬってあるのが多いから、腹を開いていない魚ごと買うんだ。身は社員にやっちゃうけど」

「えー!社員になりたい!!(笑)」

Photo_9

芝海老と玉葱のかき揚げ

「車海老で出す店もあるけど、かき揚げにするのはやっぱり芝海老に限る!」

「かき揚げは小柱もいいけど、夏の暑さの影響で、小柱なんて高くて買えないよ!普段、1枚1500円くらいのが7000円くらいするんだから!!」

暑さの影響は、秋刀魚だけではないようデス。

Photo_10

「コレはオレの好物だから、3個づつな!!」

「揚げるときに凄くはねるので、家で頼むと嫌がられちゃうんですよね(笑)」

Photo_11

油を換えて…

ホタテ

「青森のホタテも、暑さの影響でひどいらしいよ」

天ぷらしながら、社会勉強にもなっちゃいます(笑)

Photo_12

公魚

「公魚って湖で氷がはっている時期にとれるんでしょ。もう、あるの?」

「真水飲んだ魚なんて、うまくないんだよ。これは海と川の境くらいで取れたやつ」

「なるほどね。リアス式海岸って、魚介がいいっていうもんね」

「リアス式の語源知ってる?リアってスペイン語で入り江っていう意味なのよ。」

Photo_13

蝦蛄

(アノ方がトイレに立ったスキに…)

「美味しいけどさー、量、多すぎ!!」

「1品、1個でいいよね」

Photo_14

羽田沖の穴子

Photo_15

さあ、ラストだ!!

牡蠣ピーマン

「今年は、海水の温度が高くて、三陸の牡蠣もいけないな。ちょっと旨みが濃すぎるけど、厚岸くらい北にいかないと…」

「牡蠣にピーマンなんて、ゲセワだと思ったけど、合う!!」

「だろーっ!」

Photo_16

本日のおともたち。

トルコにお出かけ中のKさん、

お熱だしちゃったGさん、残念でした。

次の天ぷらは、来年かな?!

|

« 賞味期限の見直し | トップページ | 毎日夫人12月号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/463208/37574590

この記事へのトラックバック一覧です: 天ぷら…なんだけど。:

« 賞味期限の見直し | トップページ | 毎日夫人12月号 »