« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

ジビエの会

いよいよジビエの会。

生憎の悪天候の中、みなさん、合羽着て長靴はいてはせ参じてくれました!

ジビエの会…といいつつ、本日の主役は実はワインかも??

ワイン大好きSさんが立派なコレクションから持参してくださったコたちは…

Monnrassye

保存状態があまりに良すぎて(!)エチケットが見えなくなっちゃっているこのワイン。

Puligny Montrachet 1998年

Clos

同じくブルゴーニュから

Clos de la Roche 1994年

Parume

そして圧巻は

Chateau Palmer 1989年

しかもマグナム!!

「コレ、そろそろ飲み頃を超えちゃうから、早く飲まなきゃって思ってたんだ」とSさん。

さて、華やかなワインを迎える本日のメニューは…

Buruie

ウフ・ブルイエ モリーユの香り

「モリーユなんて、秋らしい!」

「残念。モリーユは実は初夏の茸なのよ!」

「えー、知らなかった!!」

「今回は初参加のヒトもいるでしょ。だからウフ・ブルイエ…と思ったんだけど、トリュフと合わせたんじゃ、お馴染みのみなさんは飽きちゃってるかと思って、別の合わせにしてみました(笑)」

Terinu

フォワグラのテリーヌ 林檎のピュレ添え

「Kさんのご希望通り、フォワグラよ!」

「そうそう、これぞ我らのスタンダード!」

「こんな凄いワイン飲んじゃってフォワグラ食べて…クリスマスは何食べたいっていうの?!(笑)」

「ちなみに、今回は総量1.5キロのフォワグラよ!」

「1.5キロって…想像つかない!!」

「明日、健康診断受けちゃダメねっ(笑)」

Photo

季節野菜の温かいマリネ

「野菜いっぱいうれしい!このオレンジのって、人参じゃないよね?」

「柿!」

「意外と合う合う。」

「酢豚フレンチ版でイメージしてみました(笑)」

話題はSさんのワインの話に…

Sさん、先日あるワインメゾンのパーティーに参加してきたそう。

あるワインメゾンとは、失楽園(古っ)にも登場したシャトーM。

そこでシャトーMのオーナーがフランスから持参したワインがチャリティーオークションにかけられた。

オークションでの注目は、ワイン以外に、フランスのシャトーMを訪れオーナー夫妻の案内でシャトー見学を楽しむ権利。もちろん旅費は別。

これは210万円で落札された!

この日の落札総額は1100万円を超え、全額東日本大震災の復興支援にあてられるとのこと。

オーナー夫妻の心意気に感心。

…にしても庶民の私にとってはすごい世界です。

Photo_2

さて、続いて魚料理

真鱈のポワレ じゃがいものピュレと黒オリーブのソース

「下の緑のは何?」

「ほうれん草のクレソニエール」

「クレソニエールってクレソン使ってるってこと?」

「もともとはクレソンで作るのがオリジナルなんだけど、今は他の緑色の野菜をつかってもそういうの」

Photo_3

山鶉のココット焼き 茸と栗、カリフラワーのエチュベ添え

山鶉のお腹にはフォワグラを詰めて焼いてあります。溶け出したフォワグラと山鶉の肉汁を煮詰めてソースに。

Photo_4

林檎のタルト バニラアイスクリーム添え

Photo_5

コーヒーとともにミニャルディーズ

福岡から駆けつけてくれたHさん、おつかれさま!

極上のサービスをありがとうKちゃん。

あまりの個性強い面々で楽しめたかしら?Nさん。

美女たちに囲まれてさぞかしウハウハだったでしょうSさん、Tさん。

…ともあれ、楽しい夜でした。

あ、最後に、本日のおともたち!

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジビエの会 準備中

明日はジビエの会。

今日はその準備。

Photo

山鶉ちゃんたちは、ただいま冷蔵庫で待機中。

Photo_2

ストックしていたフォン・ドォ・ヴォーがちょうど切れてしまったので、今回はコレから作っています。仔牛の骨をオーブンで焼いてからだしをとります。

Photo_5

香味野菜と合わせて煮込んでいきます。この状態にくるまで24時間!実は、昨日から煮込んでいます。

Photo_3

フォン・ドゥ・ヴォライユも作ります。

今日はジミーな作業ばかりですが、明日に向かって大切なステップ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Beaujolais Nouveau 2011②

結局、ひとり飲みすることに。

Img_9810

今週の土曜日にはジビエの会が控えている。

ワイン好きのSさんが持ってくる自慢のワインにに混ぜる訳にはいかないでしょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Beaujolais Nouveau 2011

電話が鳴った。

誰かと思えば、いつもフランス食材を買うお店の担当者から。

「Beaujolais Nouveau のキャンセルが出たんですけど…バラでいいから付き合ってもらえませんか?」

この店では予約のみ、そして箱買いが決まり。以前も誘われたが、箱買いでは…と思い断っていた。

「いいけど、ホントにバラでいいの?」

「構いません。お願いしますよ!」

「わかりました」

考えてみれば、明日(Beaujolais Nouveau の解禁日)注文の品を取りに私が行くのを知ってての電話かしら…

まぁ、いいか。

今年は解禁日の2日後にズゴイ会があるので、Beaujolais Nouveau は飲まないつもりだったんだけど…思わぬことでいただくことになりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌汁の具

「味噌汁ので何が一番好きか?」

そんな話題で盛り上がった。

油揚げ!

しじみ!

なめこ!

「キャベツの味噌汁を初めて食べたときは驚いた!」

「何でー??キャベツはアリでしょ!」

「イモ類って、父親が古い時代のヒトだと嫌がらない?」

「戦時中にたくさん食べたからってヤツね!」

「味噌汁の具って、わざわざ買うものというよりは余っているものを入れる感じじゃない??だから家庭によっていろいろだと思うよ」

けっこう、話題が広がる。

ちなみに…

私が一番好きなのは、子どものころはなぜか大根だった。

今は…美味しいワカメを知ってから、それかな。

嫌いなものはインゲン。

朝ごはんにインゲンの味噌汁が出たときには、母がいないスキをみてこっそり流しに捨てに行った(!!)

そして味が嫌いではなくて、それが出てくるとイヤだったのが豆腐。

なぜか豆腐の味噌汁を食べるとツイていないことが起こる!

だから大切な行事のときや、試験のときなどは絶対に食べない(笑)

不思議なジンクスです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DS

今月はホリデーシーズンに向けて、焼き菓子の特別講座を開いています。

焼き菓子…ときて、最大かつ重要な材料…

バター!

震災の影響で世の中バターが品薄。

牛乳の供給を最優先とし、バターは製菓製パンなどの業者にプライオリティをおいて販売。

…私も半分業者のようなものなんだけど、入手困難。

前回のバター不足のときは、いつも買っているお店から優先的に回してもらったのだが、今回はそのお店すら入荷が不安定ということで都合がつかず…

こうなることは予想がついていたので、秋のはじめ頃から少しづつ買いためてきたとはいえ、あまりの不足に戸惑い…

で、その代用品として注目したのがこちら。

Ds

よつ葉のDS。

ゲーム機ではありません(笑)デイリースプレッド!

バターより少々乳脂肪分が少ないものの、コンパウンドマーガリンより風味や扱いがバターに近い。

今はどのお店もバターの購入制限がかかっていて、一度に1個とか2個しか購入できないが、こちらは「バター」ではないので購入制限なし。

大量に使う私には非常に助かります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FASHION'S NIGHT OUT NOV.5 2011 JAPAN

VOGUE が主催するFASHION'S NIGHT OUT に行って来ました。

Img_5065

表参道、青山、原宿エリアで行われたファッションイベント。

素敵なファッショニスタたちが多く集まっていました。

Img_0499

Img_4918

Img_0840

多くの店で「シャンパン」としてふるまわれていたお酒。

おそらくほぼ全てがシャンパンではなく、カヴァやスプマンテなどのスパークリングワイン…

「シャンパン」とは、フランス シャンパーニュ地方で収穫された葡萄を使い決められた製法で作られたもののみにつけていい名前。

…まぁ、お祭りだし、いいんだけど…

こんなことが気になってしまう私もどうかしてる??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

dancyu12月号

Dancyu

dancyu12月号(11/5発売)で

「ポテサラ★レシピ選手権」のポテトサラダ(掲載はP52~P57)

「明治、大正、昭和のレシピを探る」の明治のポテトサラダ(掲載はP66)

を担当しました。

ぜひ、ご覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島の牛肉

Photo

マグロではありません!(笑)

ときどき買い物をするお肉屋さんで、こんな張り紙をみつけました。

「福島の農家を助けて下さい。」

原発の問題で苦しんでいる福島の畜産農家を応援するために、あえて福島のお肉をわざわざコーナーを作って販売しています。

もちろん、検査済みの証明書をつけて。

教室で使うには…こういう主旨は賛否両論だと思うので使えませんが、私が個人的にいただくぶんにはOK!

ということで、ステーキ用に厚めに切ってもらいました!

Teionn

低温でじっくり火入れして…

なんとも美味!!

福島の畜産農家の方がたに敬意と感謝をこめて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日夫人12月号

毎日新聞を定期購読のみなさま

そろそろ毎日夫人12月号が配布になります。

掲載はP18~19です。

今月号はクリスマス向けの料理を掲載しています。

ぜひ、ご覧下さいませ。

また、来年4月号から、内容を一新しての延長が決まりました。今後ともよろしくお付き合いのほどお願いいたします。

12

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月になりました。

いよいよ11月だというのに、この陽気はナンでしょう?(笑)

でも、確実に年末は近づいてきている!!

11月になると、私の仕事もやや慌しくなってくる。

今日…来年2月のバレンタイン向けの箱を注文しました!(鬼に笑われる??)

お節料理に向けた準備も始めました。献立表に使う用紙の注文、栗の確保、そして皆さんへの告知…

これからはのんびりとしていられません!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »