« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

美ST 5月号

久々の更新になります!

しばらく忙しくしていました…

Photo

発売中の美ST 5月号  「艶々美魔女の酵素玄米ごはん」でいとうまいこさん他の料理を担当しています。

掲載はP202~203です。

ぜひ、ご覧下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

和食、世界無形文化遺産に登録申請

政府は「和食」を世界無形文化遺産に登録申請しました。

日本の味「和食」がこういう機会に見直されることは素晴らしいことです。

とくに、「だし」をはじめとする和食ならではの繊細な味覚がウリなんだとか。

ところで、きちんと昆布と鰹節でだしを取って料理している日本人、どのくらいいるんでしょう?

若い方たちは「だしって顆粒を溶くもの」と思っているかもしれません。

鍋に水と昆布を入れてゆっくりと沸かし、沸騰する前に昆布を取り出し、沸騰してから鰹節を入れる。

何か難しいですか?

フレンチのだし「フォン・ドゥ・ボー」や中華のだし「白湯スープ」と違って和食の「だし」は日常的に簡単にとれるんです!

そして…

丁寧にとっただしは、ほんの少しの味噌を溶くだけで極上の味噌汁になります。お味噌汁が美味しいと、豊かな気持ちになりませんか?

だし、ちゃんと取りましょうよ!!

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

最近は政治家のみなさんも会食がイタリアンだったりフレンチだったり…

料亭で何でも決まってしまうのはヨシとしませんが、世界遺産に登録申請するくらいなんだから、アナタたちこそ、和食を食べるべきでは??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金平糖

京都のおみやげに、緑寿庵清水の金平糖をいただきました。

そう、あの日本で唯一手作りされている金平糖です。

Konnpeitou

優しい甘みと手作りならではの芸術的なイガ。

まさに気持ちが「ほっこり」するお菓子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日夫人4月号

毎日新聞を定期購読のみなさま

そろそろ毎日夫人4月号が配布になります

今月号より内容が旬の食材にテーマを絞ったものに変わりました。

掲載はP18~19です。

ぜひ、ご覧下さいませ。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひな祭り

ひな祭りと称し、女子会(?) というより、集まって相変わらずのお食事会(笑)

なんとなーく、ひな祭りっぽい取り合わせてメニューを組んでみました。

Photo_2

粟麩の田楽

Photo

子持ち槍烏賊とわけぎの芥子酢味噌和え

「ぬた、大好き!」

「こういうの、最近、食べないよねー。嬉しい!」

「若いお母さんだと、ぬたなんて知らないんじゃない?そうすると子どもが食べないからどんどんすたれていく…。日本料理を世界遺産に登録なんて言ってる場合かしら??」

Photo_4

菜の花の芥子和え

春のお料理には芥子を使うのもが多いんです。芥子にピリッとした風味で、冬の眠っていた体を起こすんですって。

Photo_5

白魚と菜の花のかき揚げ

「この白魚は昨日築地に行ったときにアノ方に都合していただいたの。うっかり『明日集まる』って言わないように気をつけたわよ!!『何に使うんだ?』ってしつこく聞かれちゃったわよっ」

Photo_7

春菊とひじきのサラダ

Photo_8

桜蒸し

「何?桜餅を蒸してあるの?」

「近い!(笑)道明寺餅で海老を包んであるの。お花見にはちょっと早いけど、風情あっていいでしょ。お料理だけでも春を楽しまなきゃ!」

Photo_6

ちらし寿司

「頑張って穴子も煮ちゃいましたよ」

「そういえばさー、何でひな祭りにちらし寿司なんだろうね」

「特に必ずちらし寿司ってこともないんじゃない?手まり寿司とかの場合もあるわよ。昔は行事のときって、お寿司にしたんじゃない?ご馳走だし。」

Photo_9

本日のおともです。

次回はホワイトアスパラガスの会で!という誓い(?!)のもとにお開きでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひなあられ

ひな祭りも近いので、ひなあられが目につく。

ひなあられは野外でひな遊びを楽しむときに持って行く携帯菓子として考案されものだそう。

発祥は京都で、ひし餅を砕いて煎ったのが始まり。醤油や塩で味付けしてあり、いわゆるあられ。

これに対して関東風は米をはぜて作るポン菓子を砂糖などで味付けしたもの。

こんなものまで関東と関西と違うというのは面白いですね。

ちなみにかわいいパステルカラーにはちゃんと意味があり、緑は健康や長寿、白は清浄、ピンク(紅)は魔よけを表すのだとか。

以前、雑誌の仕事で行事の和菓子を取り上げたときのこと。

撮影は1月にしたのだけれど、ひなあられが手に入らない。

ひし餅や柏餅は作ることができるけれど、ひなあられとなると買ってくるより方法がない。

手当たり次第メーカーに電話してみるが、どこからも返答は同じ。

「そんなにたくさん売れるものではないし、直前にならないと生産しない」

そりゃそうですよねぇ。一年中ひなあられ売ってないもん。

そんな中、下町の小さなメーカーさんが「資料として昨年のものが取ってあるので、食べない(消費期限の問題)と約束して下されば、お貸しします」と言ってくれた。

無事撮影は終わり…もちろん、そのひなあられは丁重にお返しした。

いろいろなことの特別感がなくなっていく世の中…日本古来からの行事は大切に守っていきたいなと改めて思う出来事でした。

Photo_10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Michelin Guide France 2012 

Michelin Guide France 2012 が発表になりました。
2012
結果の詳細はこちら
夏のバカンスの計画に待っていた発表です!
今年、新規三ツ星に輝いたのはFlocons de Sel 1軒!
しかも、ここは2009年の旅行で訪れるべく予約をしていたのに、先方から予約をキャンセル(!!)してきたという、私たちには因縁の店!
あーん、行きたかった。
今思えば、あのとき予約をキャンセルしてまで行った改装は、三ツ星獲得へのステップだったのね!!
今回、旅行の目的地としているアルザス&ロレーヌ地方からは、新規一つ星の店が1軒。
Faulquemont  の Toya 。
http://toya-restaurant.fr/(自分大好きなシェフのHPがなかなか笑える!)
早速、この店を予約。
夏のバカンスに向かって、盛り上がってきた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »