« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

〆の鍋

年末、最終の仕事は…

おせち作りが終わったころ押しかけてくる友人たちのために囲む鍋!

Photo_5

極上の舞茸を築地で仕入れておきました。

これをクリスマスチキンのときにストックしておいたガラスープと合わせて

2

きりたんぽ鍋!!

どこまでも食を追及するワタクシタチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせちもやってます⑧

なんだかんだでやっと完成です!!

15

毎年のことながら、並べてみると豪華です!

仕入れのお世話をして下さった築地のみなさま、感謝です。

お手伝いをしてくださったIさん、Tさん、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせちもやってます⑦

12 13 14

うちは…水族館????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせちもやってます⑥

予定より遅れて到着した築地。

猛ダッシュで台車を押して走っていたら

「さっき、スゴイ勢いで走ってったでしょう?」

と行きつけの店で笑われてしまった。

どこで見られているかわからない(笑)気をつけなければ…

「時間が押してるので!これから急いで帰って、おせち作ります!!」

11

寝坊したことはナイショ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせちもやってます⑤

本日は築地に最終買出し。

去年の反省から、今年はさらに早く家を出る予定!

…だった。

ふっと目が覚めると、うっすら明るい??

目覚ましは4:00にかけたはず。何でうっすら明るいの??

あわてて起きると5:17!!

5:00には出かける予定だったのに!!!!!!!!!!

ナニが原因か?!

私は目覚ましを携帯でセットしているのだが、平日だけ目覚ましが鳴るようにプログラムしている。

…考えてみたら今日は土曜日!

いつもの目覚ましに時間だけ上書きしても鳴るはずがない!!!

しまった!今年最大の失敗だ…

とにかく、超特急で支度して出かけなければ!!

Photo_4

築地で夜明けを迎えるのは、恒例になりそうだ。

結局、築地についたのは6:30。

途中、猛スピードで飛ばし、去年より20分遅れまで取り戻した!

10

今日は土曜日で買い物客が多いのか…

それとも20分遅れたことがいけないのか…

晴海通りから駐車場への長い列。

駐車場に入るまで1時間20分もかかってしまった。

去年の反省は生かされず…

更に反省。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせちもやってます④

Photo_3

伊達巻、だてまき、ダテマキ…

大量に作ると、なんだかわかりません??

伊達巻だけに使う鬼すだれ。

出来上がったら冷めるまでこうして立てておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせちもやってます③

四国の知人からこんなものをいただきました。

Photo

おおぶりの根生姜。しかもダンボール一杯!!

東京ではこんなにおおきな塊でみることはありません!

下さった方も「大きいので面白いかと思って」とおっしゃっていました。

Photo_2

細かくきざんで甘酢生姜にしました。

これを平目の龍皮巻きに使おうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせちもやってます②

本日は築地に買出し。

今日のメインは鰤です。

前もっての注文とツケトドケ。もちろん、立派な氷見鰤が手に入りました。

…そして、今日、その端っこを狙ってやってくる友人たち(笑)

おせちには使えないアラ、カマ、ハラスなど…もちろん無駄にはせずいただいちゃいます!

Photo

中骨にのこった身は、中落ち風にスプーンですくってみました。

これは今回初めての試み。

Photo_2

ハラスの超脂の強いところは、ガスバーナーであぶって焦げの香りも楽しみます。

中落ちの赤身と脂ぎっとりのハラス。

「甲乙つけがたいお味よね」

「氷見で『鰤づくし』とか食べさせるお店あるけど、こんなとこまで食べさせてくれるのかしら?」

「まぁ、いいんじゃない。ここは不思議な家なので!」

Photo_3

カマは塩焼きで。

あまりの脂ののり具合に、3人でひとつがやっとです。

Photo_4

そしてお約束の鰤大根。

「大根の美味しさがたまらないわー」

「Tさん、大根嫌いで食べられないんだって」

「これ、大根食べなきゃ意味ないでしょう!!」

忙しい中にも、ハイエナのような友人たちと楽しいひとときでした??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせちもやってます①

今日からは長靴と台車を身にまとった生活が待ってます。1

「台車に名前書いてある(笑)」

とか言われちゃいますが、名前を書いておかないと行方不明になっちゃうんです!

これから年末まで、私の行動範囲は半径1キロまたは築地!

頑張ります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスチキン、もちろん食べてます。

いい色に焼けたクリスマスチキン、もちろん、楽しく食べてます!

先週やったのが「表」のクリスマス会なら、今日のは「裏」のクリスマス会(笑)

今日のはとにかくチキンがメイン。

K1

アミューズ

・豚肉のリエット

・フランス産ソシソン

「めずらしいね。ココでサラミなんて」

「サラミじゃないの!これはフランス産ソシソン。いつもフランス食材を買うお店でいただいたの。日本では貴重品なので、味わって食べてね」

「今日もリエットはお土産分がある?」と調子に乗ったアノ方。

「今日は忙しかったからないない。これで全部よ!」

K6

前菜1 栗のスープ

「この時期は忙しいので、毎度おんなじようなメニューでごめんなさいね」

「いやいや、美味しいですよ。栗のスープ。シャテ-ニュって感じで!」

「ナツメグの効きぐあいが絶妙!」

K5

前菜2 下仁田葱のサラダ

「冷蔵庫がとにかくクリスマスチキンの材料に占領されていたので、今日の食材は冷蔵庫外で保管できるものになっちゃって…」

「下仁田葱特有の『ドロッ』とした食感が幸せな感じよ!」

「うん、うん。こういう『家族的』な料理もたまには食べたい」

K2

メインは フランス ペリゴール地方の地鶏のヴァロティーヌ

K3

これ、サッカーボールくらいの大きさですが、ほぼ丸ごとお肉です!

中にはフォワグラ、マロン、ファルスがぎっちり!!

「何度食べても、やっぱりおいしい!」

「そう言ってくれると嬉しいわ」

K4

デザート パリ-ブレスト クリスマスバージョン

通常のパリ-ブレストはプラリネのクリームをはさみますが、今日はクリスマスっぽくピスタチオのクリームとフランボワーズで。

「この緑のクリームは抹茶じゃないのよ」

「えー、何だろう?ピスタチオかな??」

「ご名答!すごい!!」

「ここんちのピスタチオの使い方、贅沢極まりない!」

「いいじゃない。クリスマスなんだし」

K7

本日のおともとち。

シャンパンの味比べも楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年も焼いてます!

今年も焼いています!クリスマスチキン!!

T1

まずは、フォワグラと秘伝の液体でマリネ!

T4

お鶏さんたちはフランス ペリゴール地方の地鶏。

ラベル・ルージュのもの。

Imaget2

ガラをはずして…

おっと、肩甲骨が美しい!

毎年こんなことやってるので、鶏の骨格に詳しくなってしまう。

鶏さん向け整体院でもやろうかしら?(笑)

T3

これも、いつもの光景。

広げたお肉にアセゾネして、牛と豚のファルス、フランスのマロン、そして秘伝の液体から取り出したフォワグラ!

なんと肉々しいことでしょう!

T6

包み込んだら外科手術。

あとで、抜糸も忘れずに(笑)

T5

うーん、いい色に焼けた!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おせち始めます。

今日はお節料理のための買出し第一弾。

O1

まずは、みなさんにご挨拶がてら、愛養でお気に入りのミルクコーヒーを一杯。

あったまる!

Imageo2

9月からお願いしてある栗をピックアップしに果物屋に。

毎年、この時期にココに行くが、今年はいつもに増してすごい苺の量。

クリスマス直前ということもあるが、それにしても…!

「ローソンの苺タルト、ウチから全部苺を入れてるんだよ。これが売れに売れてさー!品物集めるのが大変だよ!!」

とホクホク顔のご主人。

O2

いただいた極上の栗は、大切に、大切に鬼皮をむいて、渋皮煮に。

私も忙しくなってきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス会2012

12月の大きなイベントといえばクリスマス。

もちろん、気合入れてお料理いたしマス。

メニューを決めて参加の皆さんにお知らせしたあと…

「オレさー、例のスープが飲みたいんだよ!オマール海老送ったから作ってくれよ!!」

とかなりそうとう強引なお願い…いや、強制を言ってきたのは築地のアノ方。

そして、送られてきたオマール海老は

__

スゴイ!!

しかも人数分用意されている。

仕方なく(?)これも急遽、メニューに組み込むことに…

というわけで、今回のメニューは…

X20122 

アミューズ① オマール海老フライ フランボワーズのソース

「これさー、どう見ても鶏のから揚げじゃない?(笑)」

「ほんと、誰もオマール海老なんて気づかないかも」

「だってー、殻はスープに使っちゃうんだから、中華のエビチリみたいに殻に盛り付けることもできないじゃない。しょうがないわよ」

X20121

アミューズ② 豚肉のリエット

「残ったら持って帰ってもいい?」

と食事が始まったばかりなのに、そんなことを言うのはアノ方。

「いいけど、お土産分もちゃんと用意してあるわよ」

「じゃー、安心して食べられる!」

「!!!」

X20123

前菜① ロワイヤル ソース・アメリケーヌ

洋風茶碗蒸しにオマール海老の殻から取っただしをあんかけにしたものです。(こう書くとありがたみがない?)

「Mさん、ごめんね。例のスープから、一部拝借しちゃった!」

「いや、いいよ。ウマイウマイ!こういうのはココでしか食えないな!」

「クラッシックだけど、安心して美味しいと思える味ね」

X20124

前菜② フォワグラのコンフィ 金柑のセミドライ添え

「コンフィ、うまくなったわよ!春の会のあと、研究したから」

「テリーヌよりコンフィのほうがなめらかで好きだな」とTさん。

「テリーヌはテリーヌであの密度感がいいじゃない」とYさん。

「どっちが好きなんて言ってると、好きじゃないほうの会には呼ばれなくなっちゃうわよ。私はどっちも呼ばれたいから、どっちも好き!」と欲張りなのはKさん。

20125

前菜③ トリファード ハーブのサラダ添え

トリファードはフランス オーベルニュ地方の伝統料理です。

「ホントはカンタルを使うんだけど、極上のコンテが手に入ったので、今日はそれで」

「濃厚でおいしいっ!」

「なんか、今日はクラッシックナイトね。普通の美味しさ万歳!!」

X20126

魚料理 ブイヤベース アノ方の持ち込み素材で

「ほんとはね、貝をいろいろ使ってクリーム系の料理にするはずだったの。ところが、アノ方が『ブイヤベースにしてくれないかな』とこちらもほぼ確実に強制してきて、いろんな具材を送りつけてきたわけ(笑)。作るしかないでしょ、ブイヤベース…」

「まぁ、いいじゃない。美味しいものが食べられれば何だっていいわ、私は」とWさん。

「それで、急遽、『グリュイエールチーズ買ってきて』って頼まれたのね」

「そうそう、アノ方はわがままだから!」

「へへへ…」

X20127

肉料理 鶉のヴァロティーヌ 聖護院大根とフォワグラ添え

「鶉の中身はなんだと思う?」

「ごはんだ!!」

「そうそう、肉料理のころになると、Kが『ごはんないの?』とか言うから、今日はピラフを鶉に詰めておいたの」

「みんなー、アタシに感謝してよ(笑)。この濃ゆいソースにはごはんが欲しくなるでしょ!!」

X20129

デザート ヴァシュラン クリスマス仕立て

「かわいい!!」

「クリスマスっぽい!」

「そんなロマンチックな会じゃないのにね(笑)」

X201210

ミニャルディーズ

X201211

本日のおともとたち

でした!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日夫人1月号

毎日夫人を定期購読のみなさま

毎日夫人1月号はお手元に届いておりますでしょうか?

おかげさまで、連載が1年延長することになりました。

今後ともよろしくお付き合い下さいませ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »