« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

冷凍庫の整理

友人夫婦から「引越しを間近に控えているので、冷凍庫を整理したい」と持ち込まれた鮎。

ご主人の実家が鮎の有名な産地にあり、たくさんいただいて冷凍しておくのだが、引越しにあたり、これをなんとかしたいのだという。

そんな集まる理由があれば、みんな来ちゃうじゃない!(笑)

といいうわけで今夜のメニューは…

Ayu1

前菜1

鮎のブランダード クロケット仕立て

「今日は和食で…とも思ったんだけど、お題が鮎となると使い道がありきたりになっちゃうから、フレンチで工夫してみました」

「ブランダードってなぁに?」

「ホントは干し鱈で作るんだけど、もどした干し鱈とじゃがいもをマッシュにしたもの。パンにつけて食べたり、チーズをふってグラタンにしたり、今日みたいにコロッケにしたりするの」

「鮎とじゃがいもなんて思いつかない組み合わせだけど、すっごく合う!」

Ayu2 

前菜2

蛸と帆立のブルゴーニュ風

大ぶりの椎茸に赤ピーマンのペーストを塗り、蛸と帆立を詰めていわゆるエスカルゴバターをのせ、オーブンで焼きました。

「ヤバイ、ワインが進みすぎる!!」

Ayu3

前菜3

牛蒡のコンフィ、金柑のセミドライ、モッツァレラチーズ、茹でたお野菜、胡麻のソース

「金柑ってこれ、どうしてあるの?」

「お砂糖ふって、オーブンで乾かしてあるだけ!クリスマスにフォワグラと食べたでしょ!」

「金柑って甘露煮しか知らなかったし、買ってみようとも思わないものだったけど、見る目が変わるかも」

Ayu4

肉料理

牛ほほ肉の赤ワイン煮込み

「これは普通の美味しさね!」

「そうそう、間違いのない美味しさ(笑)」

Ayu5

ごはんもの

鮎のパエリア

「この鮎もコンフィ?」

「ううん、これは素焼きにしてあるだけ」

「鮎の内臓の苦味があって、大人のパエリア!」

Ayu6

デザート

フォンダン・ショコラ フリュイ・ルージュのガナッシュ バニラアイスクリーム添え

Ayu7

本日のおともたち

あー、明日が月曜日なんて信じられない!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サロン・ド・ショコラ2013

伊勢丹のサロン・ド・ショコラに行ってきました。

相変わらずの豪華なブランド揃えには感心するばかり。

今年はその中でPASCAL LE GAC をチョイス。

13

メゾン・ド・ショコラから独立した彼の作るショコラは、それはそれは繊細。

決して奇をてらわない、安心感のある美味しさ。

そして、香りの余韻のよさ。

わざわざ足を運んだ甲斐がありました。

今年、大きくブースを取っていたのはBONNAT。

2009年の旅行で、そして同じ年のパリのサロン・ド・ショコラでボナ氏とは面識がある。

http://yamanakahiromi.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-9680.html

http://yamanakahiromi.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/salon-8f7d.html

彼の素晴らしいポリシーのチョコレートたちがうやうやしく並んでいた。

多くの理解が得られて、こういうチョコレートが浸透するといいですね。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

サロン・ド・ショコラを出て、伊勢丹の中をブラブラ。

そこで素敵な男性を発見!

お年は40台後半?非常にオシャレな身なり。

そして、お洋服のブティックの紙袋と一緒に持っていたのはヴァローナの紙袋!

「彼、渋いねぇー!」

「ホント!これ、エヴァンやマルコリーニだったら『まぁまぁ』だけど、ヴァローナってとこが偉い!」

「彼、お洋服を買いに来てるわけでしょう。きっとサロン・ド・ショコラはついでなんだろうけど、その中でヴァローナをチョイスするセンスは脱帽だわ!」

「私たちの業界では当たり前だけど、普通の人でこれを選ぶあたりがね!」

はっきり言って大きなお世話です(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

換気扇と体形の関係

年末の激務を終え、年末にできなかったこと…

家の掃除などを少しづつしている。

換気扇はヘビーユーザーということもあり、自分でするより業者さんにお願いしたほうが格段に綺麗になるので、毎年1月と8月に頼んでいる。

お掃除をしてもらいながら、世間話を少し。

その中で面白かったのが…

初めて行く客先で、ふくよかな奥様が玄関で出迎えてくれると「もしや?!」とイヤな予感がするそう。

で、換気扇を開けてみると「やっぱり」なんだそう。

こういうパターンは換気扇がベットリ油まみれなんだとか。

いまどき、揚げ物はそうそうはしないでしょうが、脂っこい肉を焼くとか、炒め物の回数が多いとか…想像がふくらんでしまう。

油っぽい料理がお好みなんでしょう。

で、換気扇の汚れがひどい=体形がふくよか(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日夫人2月号

毎日新聞を定期購読のみなさま

毎日夫人2月号はお手元に届いておりますでしょうか?

掲載はP18~19です。

ぜひ、ご覧下さいませ。

1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七草粥

Photo

しばらくはご馳走控えよう…

誓いの七草粥です!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ダイエットの前に…

なんだかんだいって、やっぱり七草まではご馳走が続いてしまう…

元旦のフォワグラが残っているので、これを処分すべく、また、集まってしまう(笑)

F1

「これ、元旦のとホントに同じ」

「おんなじだってば!作ってないもん。」

「角がとれったっていうか、なめらかっていうか…違うものみたい!」

「そうね。時間がたって味が馴染んでいるわね。」

「こういう差を楽しむのも面白い!」

F2

「もう、菜の花なのね!」

「…それより鴨の焼き加減、褒めててよ!(笑)」

「それは当然のことでしょう!(笑)年末から白い肉が続いていたけど、赤い肉もいいわね」

F7

本日のおともです。

数あるシャンパーニュのメゾンの中でも、唯一クリュグと同じ製法だというこのシャンパン。

きめ細やかな泡と優しい酸味、そして辛口の口当たりがなんともいえない1本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初荷

1月5日。本日は初荷です。

私も築地まで足を運び、年末のお礼と新年のご挨拶に回ります。

H1

土曜日ということもあって、場外は観光客もいっぱい。

こんなに人が出ている初荷は初めての経験かも。

H2

さすがに場内に年末に比べて静けさを取り戻しています。

H3

(私、写っていますが気づきました?(笑))H4

果物屋さんでこんなに大きな苺と出会いました!

奥にあるのは通常サイズのデコポン。いかにこの苺が大きいかわかるでしょう!!

「立派な苺ですね。さぞかしお高いんでしょう?」

「そうでもないよ。これは一箱1800円。こんなにおおきくなっちゃうと形が美しくないから…」

H6

八百屋さんでは野菜の宝船が!

綺麗だし、ユニーク!!

Hh7

最後はお気に入りの洋食屋さんでオムハヤシライス。

今年も築地に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013最初の贅沢ディナー

実は、大晦日から、ほぼ24時間耐久宴会をやっています(笑)

その最後を飾る贅沢ディナー。

そのメニューは…

20132

定番となりつつある元旦のフォワグラ テリーヌ(笑)

ポルト酒で煮た無花果添え

おせち作りの後、こっそり作りました。

「クリスマスのときも話題なったけど、やっぱりコンフィにはコンフィの、テリーヌにはテリーヌの良さがあるわぁ」

「あ~ん、幸せの黄色い脂!たまらないわ~!!」

20133

ホワイトアスパラガス ソース・オランデーズ

「もう、ホワイトアスパラガス?」

「これはね、最後の築地買出しのときに八百屋さんでいただいたの。まぁ、売れ残りって感じ?(笑)」

「いいじゃない、おかげで早々といただけて!」

「これってどこ産?」

「ペルー!」

「ペルーとは、また随分遠いところから…まぁ、ペルーで消費するより日本に売ったほうがお金になるでしょう。正しい使い方ね」

「あんまり期待しない方がいいわよ。いつもフランス産買ってる例の店の人に言わせると、フランス産より三段落ちる感じだから」

「フランス産、北海道産、長野産、佐賀産…ときてペルー産。こんなにホワイトアスパラガス食べるヒトたち、あんまりいないと思うよ!楽しもうよ!!」

20134

フランス ペリゴール地方の地鶏 シェリービネガー煮込み

「今日は軽く、さっぱりとね!」

「ここに来るまでにパンが進んじゃってお腹がはちきれそう!」

「デザートまでたどりつける??」

20135

デザートは、Kさんのお持たせで…

私の愛するピエール・エルメのガレット・デ・ロワ!!

もちろん、当然、素晴らしいものです!

調子に乗って一人で半分食べちゃったTさん、懺悔してほしいわ!

20136

このディナーのおともたち。

さー、ダイエットするぞ!

たぶん、4日過ぎ頃から!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます2013

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

さて、2013年、最初のお食事はもちろんおせち料理!

2013

毎年、絵が同じになっちゃうので、微妙にもりつけを変えてはいるんだけど…

モノが同じなのでしょうがない(笑)

今年のマグロは、大晦日にアノ方がうやうやしく持って来た『一柵20000円!』というもの。

お商売柄、たくさんいただくんだとかで、そのおすそ分け。

ビニール袋に『トロ』って書いてありました。

「いらないの持って来たんじゃない?彼ら商売人は『トロ』は食べないんだっていうから」

アノ方に言わせると商売人は赤身を好み、『トロ』なんんていうのは貧乏人の食べ物なんだそう。

(歴史的には、江戸時代はトロは捨てるところだったそう)

「おいしいわよ!コレ!!貧乏人万歳!!!」

「そういえばお正月にお刺身たべるって習慣、関西にはない」

「東京ではごく一般的なんだけどな」

「以前、アノ方にどうしてお正月のお刺身といえばマグロが定番なのか聞いたことがあるんだけど、『赤いからめでたいだろ!平目や鯛みたいな白身と合わせれば紅白だからだよ。みんなマグロ好きだしさ。』って言ってた」

「じゃあ、何で蛸も食べるんだろう?」

「今度聞いとくわ」

20131

今年のお雑煮は東京風、おすましで。

さあ、今年はどんな贅沢を食べようかしら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »