« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年6月

サマートリュフの会2013

暑くなってくると、フランス料理は触手が伸びなくなってくる…

が、何か口実を作って集まろうということになり、

サマートリュフの会!

そんに本日のメニューは…

11

★アミューズ①

・マンゴーのスープ

・フォワグラのクレーム・ブリュレ

・ホワイトアスパラガス フォワグラのコンフィで出た脂でソテーに

「マンゴーのスープ、面白い!塩味のマンゴーなんて初めて!!」

「この、ピリッとしたのは何?」

「カイエンヌペッパーで味にアクセントをつけているの」

「ブリュレ、カチカチでスプーンが刺さらないよ!」

「ごっめ~ん!私たちがグラニュー糖ふりすぎて厚いキャラメリゼになっちゃった(笑)」とKさん&Tさん

「ホワイトアスパラガス、何してあるの?」

「脂でただ焼いただけ。脂がおいしいもん!鴨の脂とフォワグラの脂のミックスだよ!ホワイトアスパラは今週が今年最後の入荷だって!」

「貴重な1本ね!」

10

★アミューズ②

プティ・タルトフランベ

「タルトフランベって何?」

「アルザス地方の…要するにピザ!トマトソースじゃなくて、クリーム系のソースで仕上げるの」

「ヤバイ!美味しい!!もう1個食べちゃおう!」とIさん。(Tさんの申告によると、ひとりで3個も食べちゃったらしい)

「あれ、Tさん、何で手を出さないの?」

「オレは素人じゃない(笑)。ここで急ぐと最後までたどりつけない」

「なるほど」

Photo_9

★前菜①

フォワグラのコンフィ ルバーブのコンポート添え

「ルバーブなんて、初夏っぽくていいね!」

「そう。意外にも今までここでルバーブ出したことなかったから」

「ルバーブって野菜?果物?」

「よく蕗みたいな…って説明するけど、蕎麦の仲間。野菜なの」

「ところで、サマートリュフは出てこないの?」

「しまった!忘れてた。フォワグラにも添えようと思っていたのに!!」

「タメよYさん。この人にそんなに早いペースで飲ませちゃ!最後まで料理が出てこなかったらみんなが困るじゃない(笑)」

Photo_8

★前菜②

ウフ・モレ 玉蜀黍のピュレ添え クミン香るキャラメルのソース サマートリュフを添えて

「ウフ・モレって温泉卵の意味?」

「そんな感じ。ここんとこ、パリではコレが大流行よ」

「あとからワキガの香りがくる!!(笑)」

「クミンだってば!!」

「わかってるって!」

Photo_7

★前菜③

モリーユとホワイトアスパラガスのリゾット風 + サマートリュフ

「この間食べたメンバーはかぶってごめんね。ちょっとバージョンを変えてあります。ふりかけたパルミジャーノレッジャーノは奮発してフェルミエで購入よ!」

「モリーユの濃い味がいいなぁ」

「上の鶏、しっとりしていて美味しい!」

Photo_6

★前菜④

夏野菜のエチュベ ナスのソテー添え + サマートリュフ

「こってりの前菜が続いたので…いつもはこういう野菜料理は出さないんだけど、夏だし、いいでしょ!」

「お野菜いっぱいで嬉しい!」

「エチュベって何?」

「野菜を少ない水分で蒸し煮すること。ブレゼだと野菜には使わないかな。肉とか魚とか」

「いい香りがするけど…」

「生姜と大蒜」

「え?生姜使ってるの?」

「ハイ」

Photo_5

★魚料理

鰯のクネル オレンジ香るじゃがいものピュレ

「鰯に合わせてあるのオリーブ?」

「そうそう。よく合うでしょ。」

「じゃがいもにオレンジなんて、楽しい組み合わせ!」

Photo_4

★肉料理

ヴァンデ産 鴨マグレのロティ 米茄子のグリエとフォワグラ添え + サマートリュフ

「だんだん酔っ払ってきて、盛り付けが怪しい…」

「鴨、うれしい!大好き」

「私、肉焼くのウマイから!!」

「米茄子の焦げ目がいいね!」

「Nさん、ソースまで綺麗に食べて…ありがとう!」

Photo_3

★デザート

アメリカンチェリーのコンポート タヒチバニラのアイスクリーム ヌガティン添え

Photo_2

★ミニャルディーズ

Photo

★本日のおともたち

来週からフランスです。

今からこんなに食べちゃって…いのでしょうか??(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロール袋の後日談

子どもがロール袋を(親の真似をして)持って行った話しを友人にした。

そうすると、友人が意外な告白を…

彼女は日常の野菜を生産者直売所で調達している。

そういう場所柄、野菜は袋に入っておらず裸のままのことが多い。

「葉ものなんかはいいんだけど、長葱とか牛蒡とか、長い野菜を入れる袋ってなかなかないじゃない。

で、雨が降るとデパートの入り口なんかにおいてある傘の袋を拝借してきちゃうの!しかも、お店によって袋の厚さが違うから、○○みたいに厚いお店のを狙ってね!(笑)」

すごい発想!!

私は長い野菜にはフランスパンを買ったときに貰う保存用の袋をキープしておいて、それに入れていたのだが、店によって袋の長さがまちまち。長さが足りないこともしばしば…確かに、傘の袋は確実に長い。

雨が降るとこの話を思い出して、笑ってしまいそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子は親の鏡

横浜の地下街で買い物していたときのこと…

八百屋のレジに並んでいた私の前には小学1年生くらいの子どもとそのお母さん。

お母さんはとっても品のいい感じ、子どもは制服を着ているのでどこかの私立小学校にでも通っているのでしょう、かしこそうな感じ。

お母さんはどうやら他の用事をすませるべく、子どもにお金を渡して列を離れた。

子どもはレジを済ませ、テキパキとレジ袋に野菜を詰めている。

そして、その仕上げにロール袋をピピッと引っ張り、5、6枚をレジ袋に入れた。

…当たり前のように!!

お母さんがきっといつもやっているのでしょう。

それにしても、あの品のよさそうなお母さんがこんなことを…

子は親の鏡です。

ホント、よく見ている!!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エステのちらし

ポストに入っていたエステのちらし。

そのコピーがすごい!

・運動キライ

・ゆるキャラ体型

・がぜん甘党

・欧米人よりパンが好き

・晩ごはんというか深夜ごはん

・めんどうくさいからシャワーだけ

・リバウンド記録更新中

etc… そんな女性を全員キレイにするプロジェクトうんぬん…

ありそうなことばかりなので、思わず笑ってしまった。

が、まずい。

けっこうあてはまるコトあり(笑)

薄着の季節、気を引き締めていかなければ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日夫人7月号

毎日夫人を定期購読のみなさま

7月号はお手元に届いておりますでしょうか?

掲載はP18~19です。

ぜひ、ご覧下さいませ。

Photo_17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サッカー観戦

「サッカー観戦、一緒にしようよ!」

ということで今夜の集会(笑)

日本代表応援という名目のもと、和食と日本酒で。

そんな本日のメニューは…

Photo_16

オクラの煮浸し

Photo_15

ひじきの煮物

「たまには、こういう家庭の味もいいわぁ!」

Photo_14

ちりめん山椒

「お酒が進んじゃう!」

Photo_13

冷しゃぶと夏野菜の胡麻味噌和え

Photo_12

万願寺唐辛子の焼き浸し

Photo_10

茄子と隠元のしぎ焼き

Photo_11

鰯の南蛮焼き

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

くだらない話に花が咲き、TVはつけていたものの、結局見たのは最後の5分だけ(笑)

「明日、ハイライトをTVでいっぱいやるから、それを見たほうが効率よくない?」

「だったら集まる意味ないじゃん!」

クライマックスの本田選手のPKを見れたので、それで大満足の夜でした!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベリーのタルト

今日は友人のお宅にホームパーティーでお呼ばれ。

手土産に何を持参しようか考え…友人のご主人が以前「タルトが大好き。ベリー系のものが…」と話していたのを思い出し、フレッシュのベリー系もそろそろ終わりなので、それがあるうちに…と思って作りました。

Photo

喜んでいただければ、苦労した甲斐アリ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野田村のワカメ

今年もワカメの新モノが出る時期になった。

私のチョイスは、もちろん、岩手、野田村のワカメ!

東日本大震災で被害にあった野田村のワカメ。

当然、2011年の収穫はゼロ。

高台の倉庫にあった前年のものが大変な苦労を経て築地に届いたのは、以前書いた通り。

2012年、やっとの思いで収穫されたものが築地に並んだが…

乾物屋のご主人が言うには

「震災のすぐ後に養殖を始めたんだけど、結局、種ワカメも流されちゃったでしょう。単年で収穫できるワカメはすぐにお金になるから急いで養殖するべく、他から種ワカメをもらって養殖したらしいんだ。育つ環境が大切だから、野田村の湾のプランクトンとか水温とか水の流れとか…いい状態で育ったんだけど、DNA検査とかするとやっぱりちょっと違うわけ」

そして2013年。

「2013年に収穫できるものは、2012年に自生したホントの野田村のワカメの種ワカメから養殖したものだから、正真正銘の野田村のワカメってことでしょ!」

Photo

ご主人の薀蓄は更に続く…

「震災でワカメの脱水機も流されちゃったんだよ!野田村はすっごくいい脱水機を持っていたんだ。同じ重さのワカメを水でもどしたとき、野田村のワカメはカサがハンパなく多い!ってことは含んでいる水分が少ないってこと。そんなところまで、野田村のものは良心的なんだ。その脱水機も、やっと以前と同じものを入手できたそうなんだ」

ご主人がそこまで入れ込むだけあって、本当にこのワカメは美味しい。

というか、コレを食べたら他のは食べられい!!

ウチでよく食事をするTさん。「以前は味噌汁のワカメの存在なんて気にしたこと無かったけど、これは存在感たっぷり。これが入っているならワカメの味噌汁食べたい!って思うよ」

あなどれないワカメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年8月 »