« エステのちらし | トップページ | ロール袋の後日談 »

子は親の鏡

横浜の地下街で買い物していたときのこと…

八百屋のレジに並んでいた私の前には小学1年生くらいの子どもとそのお母さん。

お母さんはとっても品のいい感じ、子どもは制服を着ているのでどこかの私立小学校にでも通っているのでしょう、かしこそうな感じ。

お母さんはどうやら他の用事をすませるべく、子どもにお金を渡して列を離れた。

子どもはレジを済ませ、テキパキとレジ袋に野菜を詰めている。

そして、その仕上げにロール袋をピピッと引っ張り、5、6枚をレジ袋に入れた。

…当たり前のように!!

お母さんがきっといつもやっているのでしょう。

それにしても、あの品のよさそうなお母さんがこんなことを…

子は親の鏡です。

ホント、よく見ている!!(笑)

|

« エステのちらし | トップページ | ロール袋の後日談 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子は親の鏡:

« エステのちらし | トップページ | ロール袋の後日談 »